Radeon RX470 Miningチャレンジ失敗の話

暗号通貨ブームで売り出され、値崩れとともに格安で放出されたRX470 Mining版が調達できたので、これ機械学習に使えるのでは!?という目論見で自宅サーバをセットアップまでしました。

これがどういうシロモノかというと「出力系統が一切ついていないRadeon」です。HDMIやDisplayPortのようなシャレたものはもちろん、DVIなども一切ありません。Radeonなのにゲーム用途を一切想定していない、マイニングのためだけに生まれた時代の徒花がグラフィックカードの形をとって生まれた子。

キワモノ製品だけど、OpenCLが動くんならちょっと頑張れば機械学習にも使えるやろ、という見込みでArch機に挿してちゃんと認識もされました。CUDAに比べるとOpenCLでの機械学習は面倒事が多そうですが、安さとOpenCLを応援する気持ちでそこは織り込んで乗り越えるつもりでした。

が!騒音がすごい。あまりにすごい。

自宅では既にGeForce RTX1070搭載のマシンで機械学習を回していました。静音性の高いケースに入れていることもあり、フルロードでも「あー耳をすませば全力で回転してるんだな」という程度でした。冷蔵庫やエアコンの方がよほど音がするので、気にすることはなかった。それがこのマイニングGPUだと、音の絶対量も大きいし変な共鳴もして頭が痛くなってくる。

冷静に考えるとこの手の製品はデータセンターやサーバルームで回すことが想定されるわけで、冷却できればファンの静音性なんて気にする理由は一切ないわけですよね。出力系統がなくてお安いのは合理的じゃん!と思ったら、静音性もカットされる合理性のせいでご家庭で使えるものではなかった、というオチがつきました。

コメント

このブログの人気の投稿

百合紅のインストについての私見

ホスト名にア○カツ!の登場人物の名前をつける生活

シンデレラのおしごと 拡張「Step by Step」妄想カード評価